自律神経の乱れも円形脱毛症の原因

2009年9月 9日 05:42 | コメント(0) | トラックバック(0)

円形脱毛症の原因の一つとして、「自律神経の乱れ」も考えられます。
精神的ストレスをうけると、体はそれに対抗するため、交感神経の働きを活発にさせます。心臓や肺を早く動かしたり、体温を上げたりして、ストレスと闘う準備をするのです。
もちろん、適度なストレスはやる気を出すのに役立ちます。しかしストレスが強すぎたり、長期的に続いた場合、交感神経ががんばりすぎて、過度の緊張状態が続くのです。これが、自律神経の乱れなのです。

ストレスが原因で、自律神経が乱れ、その影響が毛にもあらわれたのが、円形脱毛症です。自立神経が乱れると、髪の毛の素となる「毛母細胞」や「毛乳頭」の働きが鈍くなります。これが原因となって、髪の毛が抜けたり、脱毛するといわれています。

 

 結婚 挙式  フィットネスタイチー
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

円形脱毛症とは
円形脱毛症は自覚症状の無いことが多く、ある日突然、頭に10円玉くらいのハゲがあることに気づきます。
円形脱毛症の特徴と症状
円形脱毛症が疑われる場合、該当箇所の周囲の毛を、軽くひっぱってみてください。もし、毛が数本でも抜ける間は円形脱毛症の症状が進行中だといえるでしょう。
単発型円形脱毛症
円形脱毛症のひとつである「単発型円形脱毛症」は、最も多くみられる症状です。10円玉くらいの脱毛が、頭に1ヶ所から数ヶ所ほど起きるというタイプです。
多発型円形脱毛症
円形脱毛症の種類に「多発型円形脱毛症」というものがあります。頭のあちこちに、単発型を繰り返すケースを「多発型円形脱毛症」と呼んでいます。
全頭脱毛症・汎発性脱毛症
円形脱毛症の種類に「全頭脱毛症」という種類があるのをご存知でしょうか。数箇所に起きていた脱毛部が、次第につながっていき、やがて頭皮全体の毛が、全て抜けてしまい、髪がなくなるという症状です。
円形脱毛症の原因について
残念ながら、円形脱毛症の原因は、はっきりと分かっていないのが実状です。今のところ考えられる円形脱毛症の原因としては、「精神的ストレス」「内分泌異常」「自己免疫疾患」「遺伝的素因」等が考えられるようです。
ストレスが原因の円形脱毛症なら自然回復?
円形脱毛症が発生した場合、その原因がストレスであれば、多くの場合、約6ヶ月程で自然に治癒すると言われています。
自律神経の乱れも円形脱毛症の原因
精神的ストレスをうけると、体はそれに対抗するため、交感神経の働きを活発にさせます。心臓や肺を早く動かしたり、体温を上げたりして、ストレスと闘う準備をするのです。 もちろん、適度なストレスはやる気を出すのに役立ちます。しかしストレスが強すぎたり、長期的に続いた場合、交感神経ががんばりすぎて、過度の緊張状態が続くのです。これが、自律神経の乱れなのです。
円形脱毛症 日常生活の注意点
まず、しっかりと睡眠をとりましょう。髪の毛は、夜10時頃から夜中の2時頃の間に、成長します。もし、この時間帯にしっかりとした睡眠をとっていないと、頭皮の血液の流れが悪くなり、髪の毛の成長が妨げられてしまうので、注意しましょう。
円形脱毛症の治療は皮膚科で
10円玉くらいの円形の部分が1ヶ所と、あとは全体に薄くなっているという症状が見られた場合、病院で何科を受診したらいいのでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1175

コメントする

このサイトを購読する